~~~~~~~~~~~~~~~
コロナウイルス対策  初級編 重要

~~~~~~~~~~~~~~~

こちら → をクリックすると初級編に戻ります



~~~~~~~~~~~~~~~
コロナウイルス対策 中級編  重要

~~~~~~~~~~~~~~~

こちら  クリックすると中級編に移動します。






~~~~~~~~~~~~~~~
コロナウイルス対策 上級編  重要

~~~~~~~~~~~~~~~




遺伝子情報について



時系列

1月11日:世界中で41例のCOVID-19の確定例


2003年のSARS発生を引き起こしたウイルスであるSARS-CoVと70〜80%の配列類似性が認められる
ウイルスの主要なプロテアーゼであるM proの解析がはじまる



1月13日:42の確定症例



1月26日:2,014例が確認された
中国の上海工科大学で、Zihe Rao、Haitao Yang
M pro構造と、コロナウイルスが複製するために使用する別の3つのタンパク質の構造の解析はじまる
阻害剤に結合したM proの結晶構造を確認
コロナウイルスのM proは、2つの同一のサブユニットで構成されており、蛾の食い込んだ心臓のように見え、構造の各側に活性酵素部位が認められた
M pro構造データを、生体分子の3D構造のオープンアクセスデジタルリソースであるProtein Data Bank(PDB)に提出される
潜在的な薬物化合物が結合する可能性のある活性部位を特定することを期待する



2月1日:11,953件の確定症例
リューベック大学のヒルゲンフェルトの研究室
MERSウイルスを阻害するために設計した13aと呼ばれる低分子阻害剤をタンパク質の活性部位にドッキングをこころみた
これは完全な適合ではなかったため、チームは化合物の残留物を変更し、13bと命名

テキサスのマクレランのグループは、同様の速度でスパイクタンパク質構造を解決
スパイクは、3つの同一の分子がヒンジのような落とし戸を備えたピラミッドの形で貼り合わされて形成される



スパイクを詳細に研究することで、
SARS-CoVよりも少なくとも10倍強く、ACE2と呼ばれるタンパク質であるヒト細胞受容体に結合することが判明



2月18日:73,332人の確定症例

2月18日、Hilgenfeld、Zhang、およびそれらの同僚は、M pro構造のみに関する論文を提出し、13bにバインドし、2月20日にプレプリントをbioRxivサーバーに投稿




3月16日:167,515人の確定症例

4月10日、ラオ、ヤンは、大きなタンパク質は、RNA依存性RNAポリメラーゼ(RdRp、またはnsp12を)と呼ばれる2つの他、
NSP7とnsp8と複合体を形成する-ウイルスの複製の構造複合体であると解析


4月22日:2,471,136件の確定症例
M proに結合する91の化学フラグメント(通常の薬のサイズの3分の1未満の分子の断片)を特定
ドイツでは、ブラウンシュヴァイクのヘルムホルツ感染症研究センターの研究者カタリーナロックスがヒルゲンフェルドの13b化合物をマウスでテストし、重要な感染部位である肺に蓄積していると解析


5月14日:4,248,389件の確定症例
機能が謎のままであるタンパク質ORF8が注目される





Jiabao Xu, Shizhe Zhao, Tieshan Teng, Abualgasim Elgaili Abdalla, Wan Zhu, Longxiang Xie, Yunlong Wang, Xiangqian Guo
Viruses. 2020 Feb; 12(2): 244. Published online 2020 Feb 22. doi: 10.3390/v12020244


この論文では、SARSと比較しました


SARSとCOVID19は、DNAになったときの大きさが違います


男女比も重要です
SARSが、男性:女性が1:1.25に対して、COVID19は2.70:1です




遺伝情報をしらべることができます
サイトは、以下です。ここからは、新型肺炎のウイルスがうまれて、現在までの変化があります
https://nextstrain.org/ncov?dmax=2020-01-25&dmin=2020-01-19



この変化を、ウイルス用語で”変異”といいます
この情報を世界地図にすることができて、その中で日本に入ってきた時期(1月)の地図をえらびます



ここから日本には5回の新型肺炎(それぞれ別の遺伝子をもつ変異)があります
極端なことをいえば、新型肺炎は、1回ですまないということです




ウイルス感染の遺伝子

最初の研究では、Covid-19疾患を引き起こすSARS-Cov-2コロナウイルスが、アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)受容体を使用して、ヒト細胞に付着または結合することが示されました。これは非常に多くの研究によって確認されています。



Angiotensin-converting enzyme 2 (ACE2) as a SARS-CoV-2 receptor: molecular mechanisms and potential therapeutic target
Haibo Zhang, Josef M. Penninger, Yimin Li, Nanshan Zhong & Arthur S. Slutsky
Intensive Care Medicine
volume 46, pages 586–590(2020)

SARS-CoV-2および重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV)は、ACE2受容体を使用して、標的細胞へのウイルスの侵入を促進する
ヒト肺胞上皮細胞(AEC)におけるACE2受容体の濃縮分布から考察
ACE2を発現する細胞の83%が肺胞上皮II型細胞(AECII)であることを実証し、これらの細胞がウイルス侵入のリザーバーとして機能できることを示唆しています。

  ↓

ACE2を介したCOVID-19に対処するための潜在的なアプローチ
1 スパイクタンパク質ベースのワクチン。
spike1サブユニットのタンパク質ベースのワクチンの開発は、ACE2がSARS-CoV-2受容体であるという事実に依存している可能性があります。ACE2の存在下でウイルスの複製を促進する細胞株は、大規模なワクチン製造において最も効率的かもしれません。

2 膜貫通プロテアーゼセリン2(TMPRSS2)活性の阻害。
膜貫通プロテアーゼ、セリン2(TMPRSS2)による初期スパイクタンパクプライミングがACE2受容体との相互作用を介したエントリが、SARS-CoVの-2のウイルスの拡散のために必須であることを実証した。セリンプロテアーゼ阻害剤カモスタットメシレート、無関係の疾患を治療するために、日本で承認された、TMPRSS2活性を遮断することが示されている。

3 ACE2受容体の遮断。
ACE2とSARS-CoVの間の相互作用サイトは原子レベルで特定されており、これまでの研究から、ACE2とSARS-CoV-2の間の相互作用についても当てはまるはずです。したがって、この相互作用部位を抗体または小分子と標的にすることができる。

4 過剰な可溶型のACE2を提供します。
SAR



HIVウイルスに似た変異遺伝子を含み、furinと呼ばれる別の標的を介してヒト細胞を攻撃または結合することができるという衝撃的な発見がありました。これは、中国での2つの非ピア研究とフランスでの1つのピアレビュー研究によって検証されました。この攻撃モードはまた、なぜ簡単に拡散するのかという事実に起因して、より強力になります。
S-CoVがスパイクタンパク質を結合することによりACE2タンパク質をダウンレギュレートし、重度の肺損傷の一因となることをマウスで実証した。
これは、過剰なACE2が競争的にSARS-CoVの-2と結合し得ることを示唆しているだけでなく、ウイルスを中和するだけでなく、マイナスの怪我から肺を保護するために、レニン-アンジオテンシン系(RAS)を調節する。
実際に、ACEの活動を強化し、ACE2の可用性を減少は、酸と人工呼吸器誘発肺損傷時に貢献する。
したがって、ACE2自体の可溶型による治療は、2つの機能を発揮する可能性があります。
(1)細胞へのウイルスの侵入が遅いため、ウイルスの拡散が遅い、および(2)傷害から肺を保護する。


SARS- CoV-2には、人間の細胞に結合する「二重攻撃」アプローチがあります。

(1) 1つ目は、ヒトの細胞膜にあるACE2受容体を介したもので、ほとんどのコロナウイルスの典型的なモードです。
(新しいSARS-CoV-2コロナウイルスは、以前のSARSウイルスと80%のゲノムマッチングを持っているため、このプロパティが持つこの特性を説明します)

(2) SARS-CoV-2コロナウイルスがHIVウイルスで同様に発見された変異遺伝子を持っていることを示している
furinと呼ばれる標的を介してヒト細胞を攻撃することができます。







COVID-19の「回復した」患者に注意を払うべきだ

1)持続的なウイルスの放出
「回復した」患者はウイルスを放出しないことを示した初期の研究があるにもかかわらず、
新しい報告はこれがあてはまらない
軽度のCOVID-19感染症の治療を受けた患者の半数が、症状が消失してから最大8日間、コロナウイルスが残っていた。

American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine
イェール医科大学医学部の講師であるSharma医師は、
『症状が解消した後でもウイルスを排出する。重症の感染症では、さらに脱皮時間が長くなる可能性があります。』としている
感染から症状の発現(潜伏期間)までの平均時間は、5日間。
症状の平均期間は8日
症状の終了後も患者が伝染性を維持する期間は1〜8日

2)抗体の持続
回収された多数の患者は少量の抗体しか持っていなかったか、まったく持っていなかった。
さらに、これらの抗体が十分な量で利用可能である場合でも、どれだけの期間免疫を提供するかは不明。

3)妊娠能力の低下
SARS-CoV-2コロナウイルスが検査済みの精管のACE2受容体も攻撃することが発見された
男性の「回復した」患者は不妊症の可能性について監視する必要があることが明らかになっている。
そして、それらの損傷は、生殖能力の問題を引き起こす可能性がある。
https : //www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.02.12.20022418v1.full.pdf

4)神経の障害
SARS-CoV-2コロナウイルスも神経系を攻撃することがわかった
無症状のCOVID-19患者も神経精神医学的問題を発症する可能性がある。
Brain Behavior Immunity誌
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S088915912030489X?via%3Dihub

5)免疫細胞と毛細血管
特定の免疫細胞と人体の毛細血管を攻撃する可能性がある
すべてが「回復」する可能性はないというリスクがある
ランセット誌
https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(20)30937-5/fulltext#%20

6)皮膚の問題
「回復した」患者がさまざまな種類の皮膚科の問題を発症する
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jdv.16387

世界の研究成果(英語のサイト)


COVID-19 Research: Mutated SARS-Cov-2 Spike Protein Variants Evade Neutralizing Antibodies. Warning Of Emergence Of Antibody-Resistant Variants
変異SARS-Cov-2スパイクタンパク質変異体が中和抗体の効果をなくす!抗体耐性変異株の出現に関する警告
ロックフェラー大学、ニューヨーク、ニューヨークの血液センター、スイスのSvizzera italiana、スイス、ハワードヒューズ医療研究所の科学者が、SARS-Cov-2スパイクタンパク質変異体の変異が中和抗体を回避すつという新しい研究で発見しました
研究者らは、抗体耐性SARS-CoV-2バリアントの出現により、モノクローナル抗体の治療上の有用性が制限される可能性があると警告しています。




Six Specific Symptom Cluster ‘Types’ Of COVID-19 Infections
キングズカレッジロンドンとマサチューセッツ総合病院は、COVID-19感染の6つの特定の症状群「タイプ」を特定

https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.06.12.20129056v1
COVID-19の3つの重要な症状として、継続的な咳、発熱、嗅覚消失(無嗅覚症)が強調表示されますが、アプリユーザーから収集したデータは、個人が頭痛、筋肉痛、疲労、下痢などのさまざまな症状を経験できることを示しています
アルゴリズムは、5月中に症状を記録した英国、米国、スウェーデンの1,000人のユーザーの2番目の独立したデータセットで実行することによってテストされました。


第一グループ -(「インフルエンザ様」、発熱なし):頭痛、嗅覚喪失、筋肉痛、咳、喉の痛み、胸痛、発熱なし。

第二グループ -(発熱を伴う「インフルエンザのような」):頭痛、臭いの喪失、咳、喉の痛み、しわがれ声、発熱、食欲不振。

第三グループ-(胃腸):頭痛、臭いの喪失、食欲不振、下痢、喉の痛み、胸の痛み、咳なし。

第四グループ -(重度のレベル1、疲労):頭痛、嗅覚喪失、咳、発熱、しわがれ声、胸の痛み、疲労。

第五グループ -(重度のレベル2、混乱):頭痛、臭いの喪失、食欲不振、咳、発熱、しわがれ、のどの痛み、胸痛、疲労、錯乱、筋肉痛。

第六グループ-(重度のレベル3、腹部および呼吸器系):頭痛、嗅覚喪失、食欲不振、咳、発熱、しわがれ、のどの痛み、胸痛、疲労、錯乱、筋肉痛、息切れ、下痢、腹痛。




研究者たちは、第一グループの1.5%だけ、第二グループの4.4%だけ、第三グループの3.3%だけが、人工呼吸器を必要としている
対して
第四、第五、第六グループでそれぞれ8.6%、9.9%、19.8%が人工呼吸器を必要とした。
第一グループの患者のわずか16%と比較して、第六グループの患者のほぼ半分は病院に行きました。
興味深いことに、第四、第五、第六グループは、年齢が高く、虚弱である傾向があり、第一、第二、第三グループよりも、太りすぎたり、糖尿病や肺疾患などの既存の状態にある可能性が高かった。




Yale Researchers Finds That Early Detection of Blood Vessel Injury Via Diagnostics Critical To Predicting Survival in COVID-19
イェール大学の研究者らは、血管内皮細胞の損傷、つまり血管を裏打ちしている細胞が、COVID-19の重症度と死亡の主要な要因である可能性があることを発見しました。
新しい研究は、COVID-19の一部の患者に見られる不思議な血液凝固を説明するのに役立つ可能性があります。この発見は、医師が内皮障害として知られている内皮細胞損傷について患者をテストし、患者の転帰を改善するための薬物でそれを軽減できることを示唆しています。
研究結果はジャーナルに掲載されました:The Lancet Hematology
https://www.thelancet.com/pdfs/journals/lanhae/PIIS2352-3026(20)30216-7.pdf
イェール大学の研究者らは、COVID-19でイエールニューヘブン病院に入院した68人の患者を調査しました。これには、48人の重症患者、20人の非重症患者、13人の入院していない健康な対照が含まれ、内皮細胞(EC)損傷のマーカーを調べて比較しています。病気の重症度と生存へのそれら。彼らは、EC損傷のマーカーが重症患者で有意に上昇し、非重症患者の80%で正常範囲を超えていることを発見しました。
また、マーカーの上昇は退院率の低下および死亡の可能性の高さと有意に関連していました。




COVID-19 Myocarditis: Researchers From Cedar-Sinai Demonstrate How SARS-CoV-2 Infects Heart Cells In Vitro
COVID-19心筋炎:Cedar-Sinaiの研究者が、SARS-CoV-2が体外で心臓細胞に感染する方法を実証
ジャーナルCell Reports Medicineで発表された新しい発見は、 幹細胞技術によって生産された心筋細胞を使用して行われました。
https://www.cell.com/cell-reports-medicine/fulltext/S2666-3791(20)30068-9
Mount-Sinaiの研究者が新しい研究で示したところによると、SARS-CoV-2コロナウイルスは実験皿内の心臓細胞に感染し、COVID-19患者の心臓細胞が直接感染する可能性があることを示しています
研究チームはまた、ACE2抗体による治療が幹細胞由来の心臓細胞でのウイルス複製を鈍らせることができることを発見し、ACE2受容体がSARS-CoV-2によってヒト心筋細胞に入るのに使用できることを示唆しました。さらに、「抗体でACE2タンパク質をブロックすることにより、ウイルスはACE2タンパク質に容易に結合できなくなり、細胞に容易に侵入できなくなります。これは、このウイルスが機能するメカニズムを理解するのに役立つだけでなく、しかし、SARS-CoV-2感染の潜在的な治療法として使用できる治療アプローチも示唆しています。」




Cytokine Storms Study Reveals SARS-CoV-2 Initially Attacks The Genetic Target AhR And How Modulation Could Be Achieved By Dexamethasone, Vitamin D or Vitamin E.
サイトカインストーム研究は、SARS-CoV-2が最初に遺伝的標的AhRを攻撃し、デキサメタゾン、ビタミンDまたはビタミンEがどのように作用するかにかかっている

査読済みの研究が医学雑誌に発表されています:Restorative Neurology and Neurosciencehttps://content.iospress.com/articles/restorative-neurology-and-neuroscience/rnn201042
研究者らは、感染を確立するために多くの病原体によって使用されているIDO1-kynurenine-AhRシグナル伝達経路を介したAhRの過剰な活性化がどのようにリードするかを説明しています




CoV感染細胞におけるAhR活性化。CoVは、IDO1とは独立したAhR活性化リガンドによってAhRを活性化します。活性化すると、AhRは核に移動してゲノムDNAに結合し、AhRR、CYP、TiPARP、サイトカインなどのダウンストリームエフェクターを生成します。IDO1は、TNFα、インターロイキン6(IL-6)および1β(IL-1β)などの炎症性因子によって誘発されます。AhRは、IDO1-AhR-IDO1の正のフィードバックループを活性化することにより、他の経路によるAhR活性化の影響を延長することにより、自身の活動も強化します。免疫細胞におけるIDO1の活性化は、AhRを活性化する内因性リガンドであるトリプトファン代謝産物であるキヌレニンの放出につながります。AhRに結合する外因性リガンドは、TCDDなどのダイオキシンです。



COVID-19 Research: Study Shows That SARS-CoV-2 Indirectly Causes Platelets To Become 'Hyperactive' Resulting In Clotting Issues, Genetic Alteration Suspected
SARS-CoV-2が間接的に血小板を「過活動性」にして、凝固の問題を引き起こし、遺伝的変化が疑われる
この研究結果は、米国血液学会誌、Bloodに掲載されました。
https://ashpublications.org/blood/article/doi/10.1182/blood.2020007214/461106/Platelet-Gene-Expression-and-Function-in-COVID-19
これらの変化の根本的な原因をよりよく理解することで、COVID-19患者でそれらが起こるのを防ぐ治療につながる可能性があると述べています。




Cigarette smoke exposure and inflammatory signaling increase the expression of the SARS-CoV-2 receptor ACE2 in the respiratory tract
Author links open overlay panelJoan C.Smith
Developmental Cell
Available online 16 May 2020

コールドスプリングハーバーラボラトリーの癌遺伝学者で研究の筆頭著者であるジェイソンシェルツァー博士
COVID-19の研究の後ろ向き研究は、喫煙者は非喫煙者よりも健康に合併症を起こす可能性が高いことが示唆
研究結果は、COVID-19を発症した喫煙者が臨床結果が悪い傾向がある理由についての手がかりをさがしました
SARS-CoV-2がヒト細胞への侵入に使用するタンパク質であるACE2の発現を大幅に増加させました。






Alveolar macrophages are epigenetically altered after inflammation, leading to long-term lung immunoparalysis
Antoine Roquilly
Nature Immunology (2020)

メルボルン大学ピータードハティ感染免疫研究所とナント大学病院の新しい研究によると、
重度の肺感染症から回復した個人は、体の免疫反応を抑制し、リスクを高める「免疫性瘢痕」を形成
免疫系の最初の防御線を形成する細胞、すなわちマクロファージが、重度の感染後に「麻痺」したことを発見

これは、院内感染肺炎を予防するための潜在的な戦略を示唆しています。


Front. Immunol., 15 May 2020 | https://doi.org/10.3389/fimmu.2020.01061
Interferon-α2b Treatment for COVID-19
Qiong Zhou

カナダ、中国、オーストラリアの研究者間の共同研究により、COVID-19のコホート研究において、
インターフェロンIFN-α2bによる治療が初めてウイルスのクリアランスを改善し、
炎症マーカーのレベルを低下させることが示された




COVID-19 Medical Devices: US FDA Grants Emergency Use Authorization To VitalPatch For Cardiac Monitoring In COVID-19 Patients

シリコンバレーに拠点を置くバイオテクノロジー企業であるVitalConnectは、COVID-19の薬物治療を受けている入院患者のQT間隔の変化を検出するためのVitalPatchの使用について、
米国FDA緊急使用許可ステータスを取得したと発表しました。
VitalPatchは、米国FDA承認のデバイスです。シングルリードECGとして機能するほか、体温、心拍数、心拍数の変動、呼吸数、血中酸素飽和度など、他の7つの生理学的パラメーターを継続的に監視します。また、サードパーティのデバイスと統合して、血圧、体重、酸素飽和度を監視することもできます。
同社によれば、これはこのような幅広い患者のバイタルを監視できる最初で唯一のバイオセンサーです。






VA launches clinical trial for Veterans with COVID-19 based on prostate cancer drug
Drug may help prevent virus from penetrating lung tissue

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の医学研究者たちは、COVID-19に感染した男性に対して、前立腺癌によく使用されるホルモン抑制剤を利用する新しい臨床試験を開始しました。
https://www.va.gov/opa/pressrel/pressrelease.cfm?id=5452
UCLAが主導する臨床研究は、退役軍人大ロサンゼルスヘルスケアシステムと全国の他のVAサイトで実施されています。
ウイルスが肺に入り、肺組織を攻撃するためにウイルスが使用すると信じているTMPRSS2をターゲットにした臨床研究。TMPRSS2受容体は前立腺癌では男性ホルモンによって調節されており、研究者はそれが男性ホルモンによって肺組織でも調節されている可能性があると予測している。



Circulating plasma concentrations of angiotensin-converting enzyme 2 in men and women
with heart failure and effects of renin–angiotensin–aldosterone inhibitors
Iziah E Sama
European Heart Journal, ehaa373, https://doi.org/10.1093/eurheartj/ehaa373

ヨーロッパの医学研究者は、ヨーロッパ中の数千人の心不全患者を対象とした共同研究から、
男性よりも女性の方が血中のアンジオテンシン変換酵素2またはACE2の濃度が高いことを発見
ACE2受容体は通常SARS-CoV-2コロナウイルスの標的であるため、
この研究は、男性が女性よりもCOVID-19に対して感受性と脆弱性が高い理由についての手掛かりとなる

アンギオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤やアンジオテンシン受容体遮断薬(ARB)などの
レニン-アンジオテンシン-アルドステロンシステム(RAAS)を標的とした医薬品を服用している心不全患者は、血中のACE2濃度が高くない
ことから、心不全を治療しておくことが重要である



Coronavirus activates a stem cell-mediated defense mechanism that accelerates the activation of dormant tuberculosis:
implications for the COVID-19 pandemic
Lekhika Pathak,
doi: https://doi.org/10.1101/2020.05.06.077883
This article is a preprint and has not been certified by peer review
まだ査読されていない新しい印刷前の調査結果は、SARS-CoV-2コロナウイルスが特定の個体の休眠中の結核菌を活性化する可能性があることを警告


COVID-19 Studies: Hong Kong Researchers Say That Eyes Are Also An Important Entry Point For SARS-CoV-2 Coronavirus
香港大学公衆衛生学部の医学研究者は、SARS-CoV-2コロナウイルスが2003年のSARSウイルスよりも目と気道を通して最大100倍感染しやすいことを発見


The role of vitamin D in the prevention of coronavirus disease 2019 infection and mortality
Petre Cristian Ilie
Aging Clinical and Experimental Research (2020)
Anglia Ruskin University(ARU)のLee Smith博士とQueen Elizabeth Hospital KingのLynn NHS Foundation Trustの泌尿器科医であるPetre Cristian Ilie博士が主導する広範な研究の結果
ビタミンDは急性呼吸器感染症から保護することが示されています、そして、ビタミンDが最も不足しているグループである高齢者は、COVID-19によって最も深刻な影響を受けるグループでもある



COVID-19 Treatments: Anticoagulants Or Blood Thinners Improve Mortality Rates Of COVID-19 Patients
米国心臓病学会誌
マウントシナイCOVIDインフォマティクスセンターの医学研究者は、入院中のCOVID-19患者を抗凝固剤または抗凝固剤で凝固を遅らせることで治療すると、
生存率が向上する可能性があると報告

大注目に値する!

Guillain–Barré Syndrome Associated with SARS-CoV-2
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2009191
4月中旬に、イタリアの医療研究者が最初に報告したのは、COVID-19患者がギランバレー症候群を発症し、下肢の脱力感と感覚異常、顔面麻痺、運動失調を示したという現象
GBSまたはギラン・バレー症候群は、末梢神経系に損傷を与える免疫系によって引き起こされる、急速に発症する筋力低下の病気。
初期症状は通常、感覚や痛みの変化と筋肉の衰弱であり、足と手から始まり、しばしば腕と上半身に広がり、両側が関与する。
症状は数時間から数週間かけて発症。急性期、この障害は生命を脅かす可能性があり、約15%の人々が呼吸筋の衰弱を発症しているため、人工呼吸が必要。
いくつかは自律神経系の機能の変化に影響され、心拍数や血圧に危険な異常を引き起こす可能性もある。





Biotechnology Breakthrough: First Wearable Device That Continuously Tracks COVID-19 Symptoms

ノースウエスタン大学とシカゴのシャーリー・ライアン・アビリティラボのバイオテクノロジーと医学の研究者は革新的なウェアラブルデバイスを開発
COVID-19疾患に関連する初期の兆候と症状を捉え、病気が進行するにつれて患者を監視するように特別に調整された一連のデータアルゴリズムを作成

ウェアラブルモニタリングデバイスは、切手サイズで、柔らかく、柔軟性があり、ワイヤレスで、薄いだけでなく、喉の根元の目に見える窪みにはりつける
咳の強さとパターン、胸壁の動き(呼吸困難または不規則な呼吸を示す)、呼吸音、心拍数、発熱などの体温を監視





Cardiovascular Disease, Drug Therapy, and Mortality in Covid-19
List of authors.
Mandeep R. Mehra, M.D
DOI: 10.1056/NEJMoa2007621

研究は、基礎疾患である心血管疾患がCovid-19で入院している患者の院内死亡のリスクの増加と関連していることを示唆する以前の観察結果を確認した。
この結果は、この臨床状況におけるACE阻害剤またはARBと院内死との潜在的な有害な関連に関する以前の懸念を確認しなかった
(ブリガムアンドウィメンズ病院高度心血管医学ウィリアムハーヴェイディスティニッシュドチェアが資金提供。)

院内感染をおこすリスクは、
性別(男性)
心臓の病気がある
心不全がある
ぜんそくがある
COPDがある
喫煙者である

ただし、あえていうなら
ACE阻害剤のほうが、ARBより死亡率への因果関係はすくない




SARS-CoV-2 productively infects human gut enterocytes
Mart M. Lamers1,*,
Science 01 May 2020:
eabc1669
DOI: 10.1126/science.abc1669

サイエンスに報告された重要な論文
人間の腸の最先端の細胞培養モデルを利用して、研究チームはウイルスをin vitroで正常に増殖させ、ウイルスに対する細胞の応答を監視し、COVIDの研究に新しい細胞培養モデルを提供
COVID-19患者の約38%が下痢などの胃腸症状を経験
そこで、致命的なCOVID-19を引き起こすSARS-CoV-2コロナウイルスが腸とそこで増殖することを証明した



腸の細胞著作権:マーストリヒト大学


腸のオルガノイド、コロナウイルスSARS-CoV-2に感染した正しいもの。
コロナウイルスが白色に着色され、オルガノイド自体は青と着色されている
緑。クレジット:Joep Beumer、著作権Hubrecht Institue


Moving Personal Protective Equipment Into the Community
Face Shields and Containment of COVID-19
JAMA。2020年4月29日

SARS-CoV-2コロナウイルスの感染を防ぐためのこのようなオプションの1つは、多くの医療従事者がすでに使用しているプラ​​スチック製の顔面シールドです。
医療専門家のチームは、フェイスシールドがCOVID-19に対するより快適でより効果的な抑止力としてマスクを置き換える可能性があると述べています。



The National Health Service England and the Pediatric Intensive Care Society UK

トキシックショックシンドロームと非定型カワサキ病と重複する特徴を示す、
重病の子供の症例では、「緊急医療警報」である(UK)



Endothelial cell infection and endotheliitis in COVID-19
Zsuzsanna Varga
Andreas J Flammer
et al.
Published:April 20, 2020DOI:https://doi.org/10.1016/S0140-6736(20)30937-5

チューリッヒ大学病院のスイスの医療研究者は、SARS-CoV-2コロナウイルスが
血管を覆う内皮細胞を攻撃し、重症のCOVID-19患者に敗血症と多臓器不全を引き起こすことを発見。研究はランセット誌に掲載。


COVID-19:Attacks the 1-Beta Chain of Hemoglobin and Captures the Porphyrin to Inhibit Human Heme Metabolism
https://chemrxiv.org/articles/COVID-19_Disease_ORF8_and_Surface_Glycoprotein_Inhibit_Heme_Metabolism_by_Binding_to_Porphyrin/11938173

いままでの考え:
ウイルスが、肺組織のACE2受容体を攻撃して損傷を引き起こす可能性がある
サイトカインストームがおこることで、組織の損傷を引き起こす
二酸化炭素の蓄積とともに体の能力が十分に酸素を得ることができない
いわゆるARDSになるので、人工呼吸器の使用が必要

この論文の考え:
研究では、ウイルスのタンパク質の一部が赤血球を乗っ取り、ヘムグループ(HBB)から鉄イオンを取り除くそのため低酸素
その証拠に患者がフェリチンを上昇させる傾向がある
いまの治療プロトコルに疑問を投げかけている
特定の症例では人工呼吸器の使用法も悪化させる


大注目に値する!


Expression of ACE2 and TMPRSS2, the SARS2-CoV-2 receptor and co-receptor, in prostate epithelial cells
View ORCID ProfileHanbing Song, Bobak Seddighzadeh, View ORCID ProfileMatthew R Cooperberg, View ORCID ProfileFranklin W Huang
doi: https://doi.org/10.1101/2020.04.24.056259

男性の前立腺がSARS CoV-2コロナウイルスの別の標的になる可能性があり

Expression of ACE2 and TMPRSS2, the SARS2-CoV-2 receptor and co-receptor, in prostate epithelial cells

View ORCID ProfileHanbing Song, Bobak Seddighzadeh, View ORCID ProfileMatthew R Cooperberg, View ORCID ProfileFranklin W Huang

doi: https://doi.org/10.1101/2020.04.24.056259

(研究内容)

カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究者による新しい研究は、SARS-Cov-2コロナウイルスの主要な標的であるACE-2受容体とTMPRSS2受容体が、前立腺内で高い発現を示していました。

死んだ男性犠牲者の剖検では、SARS-Cov-2による攻撃と破壊の相手としての前立腺を見逃していることを考察しています。COVID-19の死亡率に、男女の性差があり、とくに、高齢男性に多い理由かもしてません。

(奥井からの解説)

前立腺といえば、とくに有名なのは前立腺がん。

前立腺がんは、以前より降圧剤であるアンジオテンシンII受容体ブロッカー(ARB)が癌細胞の増殖抑制および抗腫瘍効果を持つことが想像されており、いくつかの研究が進行中だ。その根拠は、前立腺癌細胞や間質細胞はアンジオテンシンII受容体(AT1レセプター)を発現していること。また、TMPRSS2 は、正常の前立腺細胞にも発現しているアンドロゲン応答遺伝子で、前立腺がんの場合はTMPRSS2 遺伝子と ERG 遺伝子の2つがDNA 損傷修復因子により共通配列の切断・再結合が発生し、TMPRSS2-ERG 遺伝子が生成されるといわれている。このTMPRSS2-ERG 遺伝子の成長に関与している。

前立腺肥大、感染性前立腺炎、前立腺癌、つまり40歳以上の男性でよく見られるすべての事象がACE2およびTMPRSS2受容体の発現増加の要因になり、そのような個人のリスクが高くなると容易に考えることがきる。

前立腺のケアをちゃんとしておくことは、とくに男性のCOVID-19の死亡率への布石になるのではなかろうか?



仮説の域を超えないが、男性が死亡率が高い理由を提示している!



Androgen-deprivation therapies for prostate cancer and risk of infection by SARSCoV-2: a population-based study (n=4532)
M. Montopoli, (Department of Pharmaceutical and Pharmacological Sciences, Università degli Studi di
Padova, Padova, Italy. )
DOI: https://doi.org/10.1016/j.annonc.2020.04.479
Reference: ANNONC 179
To appear in: Annals of Oncology

イタリアのベネト地域の男性患者4532人のデータを統計した論文
70歳以上のSARS-CoV-2 positiveの3,085人 のうち、153人ががんで、43人もが前立腺がん
70-79歳でも、43人 が前立腺がん
80歳以上でも、32人 が前立腺がん
全体で、 4,532人中、 430 人ががん、 118 人が前立腺がん

統計では、ベネト地域のすべての前立腺癌患者という視点でも統計をしていて
前立腺がんのホルモン治療(PCa in ADT )をしている患者5,273 人のうち、SARSCoV-2 positive はわずかに4人、新型コロナ肺炎死亡なし
前立腺がんのホルモン治療なし(PCa in non-ADT )の患者37,161 人のうち、SARSCoV-2 positive はわずかに114人、新型コロナ肺炎18人が死亡


アリモンティ博士は、
『ADTとCOVID-19の間のリンクを示唆する最初の研究結果である。前立腺がんのADTで治療されている患者が保護されている。』
さらに、
『男性の前立腺癌がなくてもCOVID-19を発症するリスクが高い人は感染を予防するために限られた期間ADTをすることが考えられる』
と考察している。

彼らは、このシステムとしては以下を考察にあげている。
TMPRSS2と呼ばれるタンパク質がCOVID-19が健康な人間の細胞に感染するためのターゲットになることを挙げている

TMPRSS2は、タイプII膜貫通セリンプロテアーゼと呼ばれるタンパク質ファミリーのメンバーであり、
癌やウイルス感染を含む体内の多くのプロセスに関与している。
前立腺癌患者には高レベルのTMPRSS2があり、その作用はアンドロゲン受容体によって調節されており、
ADTなどの治療法により抑制的な働きがでる。アンドロゲン受容体は、肺のTMPRSS2レベルも調節することが可能である。



仮説の域を超えないが、男性が死亡率が高い理由を提示している!


Endogenous deficiency of glutathione as the most likely cause of serious manifestations and death from novel coronavirus infection (COVID-19): a hypothesis based on literature data and own observations
Alexey V Polonikov
37.04Kursk State Medical University
https://www.researchgate.net/publication/340917045_Endogenous_deficiency_of_glutathione_as_the_most_likely_cause_of_serious_manifestations_and_death_from_novel_coronavirus_infection_COVID-19_a_hypothesis_based_on_literature_data_and_own_observations

ロシアのクルスク州立医科大学の生物学および医学遺伝学部の教授であるアレクセイVポロニコフ博士が率いる研究は、特に高齢者における内因性グルタチオンの欠乏または欠乏も、進行につながる要因の1つである可能性があることを示しています


SARS-CoV-2 infects T lymphocytes through its spike protein-mediated membrane fusion
Xinling Wang,
Cellular & Molecular Immunology (2020)

SARS-CoV-2コロナウイルスの標的を示し、HIVと同様にT細胞を破壊.

ニューヨークブラッドセンターおよび上海の復旦大学の研究者達は、重度の急性呼吸器症候群を引き起こすCOVID-19疾患を引き起こすSARS-CoV-2コロナウイルスも免疫系のTリンパ球を攻撃することを発見しました。憂慮すべき発見は、免疫系を破壊する可能性のある新規コロナウイルスの破壊力を浮き彫りにし、患者を脆弱にし、感染と戦うことができなくなります。

驚くべきことに、SARS-Cov-2コロナウイルスとT細胞が互いに接触すると、T細胞がコロナウイルスの餌食となることがわかった。コロナウイルスのスパイクの構造が、T細胞の細胞膜へのウイルスエンベロープの付着を引き起こした。その後、ウイルスの遺伝子がT細胞に入り、それを圧倒して人質にした後、SARS-Cov-2コロナウイルスは、人間の宿主の体を保護する能力を失活さる。

このウイルスは、アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)と呼ばれる特定の受容体タンパク質を持つ細胞にのみ感染できることがわかっている。しかし、T細胞には、ACE2受容体タンパク質がわずかしか含まれていない。

するとまだ解明されないが、HIVと同じ遺伝子を持ったと考える。



SARS-CoV-2 infects T lymphocytes through its spike protein-mediated membrane fusion
Xinling Wang,
Cellular & Molecular Immunology (2020)

SARS-CoV-2コロナウイルスの標的を示し、HIVと同様にT細胞を破壊.
ニューヨークブラッドセンターおよび上海の復旦大学の研究者達は、重度の急性呼吸器症候群を引き起こすCOVID-19疾患を引き起こすSARS-CoV-2コロナウイルスも免疫系のTリンパ球を攻撃することを発見しました。憂慮すべき発見は、免疫系を破壊する可能性のある新規コロナウイルスの破壊力を浮き彫りにし、患者を脆弱にし、感染と戦うことができなくなります。



Evaluation of heating and chemical protocols for inactivating SARS-CoV-2
Boris Pastorino, Franck Touret, Magali Gilles, Xavier de Lamballerie, Remi N. Charrel
doi: https://doi.org/10.1101/2020.04.11.036855

フランスの研究者らは、ウイルス活性検査の標準的な宿主物質であるアフリカミドリザルの腎臓細胞に、ドイツのベルリンの患者から分離された株を感染させた。
口腔スワブなどの実際のサンプルの生物学的汚染をシミュレートした。
汚れたサンプルの一部の菌株は、加熱プロセスにより感染力は明らかに低下したが、次の感染を開始するのに十分な生菌が残っていた、と論文は述べている。

つまり
60℃、1時間の加熱プロトコル → 新型コロナウイルスは生き残る
92℃、15分間加熱プロトコル → 新型ウイルスは完全に不活性になった。






Positive Epstein-Barr virus detection in corona virus disease 2019 (COVID-19) patients
10.21203/rs.3.rs-21580/v1
Ting Chen, Jiayi Song, Hongli Liu, Hongmei Zheng, Changzheng Chen


エプスタインバーウイルス(EBV)、別名人間ヘルペスウイルス4は、ヘルペスウイルスファミリーのメンバーです。これは最も一般的な人間のウイルスの1つです。EBVは世界中で見られます。ほとんどの人は、人生のある時点でEBVに感染します。
さまざまな国の人々の25〜78%(広範囲で地理的な場所によって異なります)が感染しており、通常は休眠しているこのヘルペスウイルスの保菌者であると考えられています。
通常、EBVに感染した人の症状は、通常、発熱、喉の痛み、時には咳などの消化器系の問題です。

SARS-CoV-2コロナウイルスには、ヒト宿主細胞への「攻撃」の多くのモードがあり、その中に入ると、複製に必要のない他のさまざまなタンパク質が分泌されますが、専門家はこれらを研究し始めたばかりです。これらのタンパク質のいくつかは、免疫系を含む体内のさまざまな重要な機能のさまざまな細胞経路に影響を与える可能性があります。

体内でSARS-CoV-2ウイルス量が増加すると、免疫系に影響を与えるだけでなく、ACE2受容体を介して「攻撃」し、肺、腎臓、心臓、消化管、さらには男性の生殖腺をターゲットにします。

SARS-CoV-2コロナウイルスは、神経系を「攻撃」することもできます。初期段階でさえ、多くの場合、一部の人では匂いや味覚の喪失、さらには一部の人では頭痛や混乱さえ引き起こします。これは、EBVの増幅システムを利用している可能性があります。





Implementing Safety Practices for Critical Infrastructure Workers Who May Have Had Exposure to a Person with Suspected or Confirmed COVID-19
Interim Guidance

事前スクリーニング:雇用主は、従業員が仕事を始める前に、従業員の体温を測定し、症状を評価する必要があります。理想的には、個人が施設に入る前に温度チェックを行う必要があります。

〇 定期的な監視:従業員が体温や症状がない限り、雇用主の産業衛生プログラムの監督下で自己監視する必要があります。
〇 マスクの着用:従業員は、最後の曝露から14日間、職場にいる間は常にフェイスマスクを着用する必要があります。
〇 社会的距離:従業員は6フィート(1.8メートル)を維持し、職場での職務が許す限り社会的距離を保つ必要があります。
〇 作業スペースの消毒と清掃:オフィス、バスルーム、共用エリア、共有電子機器などのすべてのエリアを定期的に清掃および消毒します。



Effectiveness of convalescent plasma therapy in severe COVID-19 patients
PNAS first published April 6, 2020 https://doi.org/10.1073/pnas.2004168117

(重症Covid-19患者に対する回復者由来血清療法の効果)
急性呼吸逼迫症候群(ARDS)を発症した10人の新型コロナウイルス感染患者さん(このうち3人は人工呼吸器装着)に対して、ウイルスに対する中和活性の高い回復患者血清を、発症後11−19日目に200ml、一回だけ投与して様子を見ている。
血清を調整するため、40人の軽症患者の発症から3週目の血液(退院後4日目)から集めている。
3日以内に血清からウイルスが消え、レントゲン所見の回復には時間がかかるが、呼吸不全の症状を含め、検査データも1週間以内に改善する。3人は退院。

この方法をかって考えたのは、北里柴三郎です




COVID-19: Attacks the 1-Beta Chain of Hemoglobin and Captures the Porphyrin to Inhibit Human Heme Metabolism
Preprint revised on 07.04.2020, 21:40 and posted on 09.04.2020, 16:54 by liu wenzhong Li hualan

COVID-19が赤血球のヘモグロビンを攻撃し、酸素を輸送できなくなるという論文
これは、感染初期ではウイルス量が少ない。そのときは起きない。しかし増えてくると変化する。
サイトカインストームがより多くの損傷を引き起こすと、二酸化炭素の蓄積とともに体の能力が十分に酸素を得ることができなくなる
この根拠は、ウイルスのタンパク質の一部が赤血球を乗っ取り、ヘムグループ(HBB)から鉄イオンを取り除き、そこに置き換えてしまうことが発見された



International Severe Acute Respiratory and Emerging Infections
Consortium (ISARIC)
A global federation of clinical research networks, providing a proficient, coordinated, and agile research response
to outbreak-prone infectious diseases
COVID-19 Report: 02 April 2020






新型コロナウイルス肺炎患者における重症化因子の検討
埼玉県立循環器・呼吸器病センター 呼吸器内科
日本感染症学会 2020

28 例の COVID19 感染患者について、A 群:症状なく SARS-CoV2 PCR 検査のみ陽性、B 群:症状あり、ウイルス肺炎像なし、C 群:症状あり、ウイルス肺炎像あり、無治療で軽快、D 群:症状あり、ウイルス肺炎像あり、治療を要した群に分類した。
重症度と相関した症状、治療を必要とした D 群に特徴的な症状は下痢のみであった

重症度と相関した臨床検査値はリンパ球数、D-dimer, CRP, ferritin であったが、無治療で軽快した群 C 群と治療を要した群 D 群で有意差を認めた検査値はリンパ球数、CRP, ferritin であった。両群を区別するカットオフ値を ROC 曲線より求めると、リンパ球数 1,000/μL 以下、CRP4.16 以上, ferritin 434 以上となった。画像所見では、重治療を要しなかった C 群と要した D 群とを最もよく区別する所見は浸潤影の有無だった。下痢、リンパ球数 1,000 以下、ferritin 430 ng/mL 以上、CRP 2.5 mg/dL 以上、CT 上の浸潤影の 5 つをリスク因子として選ぶと、C 群の 60%で 1 または 2 個該当し、発症から PCR 陰性化までの日数と強い相関を示した(P=0.0002)



Grasselli et a.,
Baseline Characteristics and Outcomes of 1591 Patients Infected With SARS-CoV-2 Admitted to ICUs of the Lombardy Region, Italy.
JAMA Apr 8

72病院のICUにて2月20日から3月18日までに治療を開始した新型コロナウイルスの患者。
最終フォローアップは3月25日。年齢は平均63 歳(56-70)。83%が男性。88%は人工呼吸器、11%は酸素投与。68%に基礎疾患。49%は高血圧。3月25日現在、58%が入院中、16%はICUより退院、26%が死亡。64歳以上の死亡率は36%、63歳以下は15%。
イタリアでは重篤例の大半が男性の高齢者。高血圧の既往が多い。26%が死亡。回復例も16%。



Covid-19 Drug Research: Another Drug Candidate To Stop “Cytokine Storms” In Covid-19 Patients, Sarilumab Goes Into Clinical Trial

RegeneronとSanofiが共同で開発し、インターロイキン-6(IL-6)と呼ばれるサイトカインの産生を抑制することができるヒトモノクローナル抗体であるSarilumabまたはKevzara。一部のCovid-19患者は、ニューヨークで最初に承認されたCovid-19患者の臨床試験で使用


Acute gastrointestinal injury in critically ill patients with coronavirus disease 2019 in Wuhan, China
Jia-Kui Sun
doi: https://doi.org/10.1101/2020.03.25.20043570

急性胃腸障害がクリティカル状態の約86%で発生Covid-19患者は、しばしば敗血症や死に
南京医科大学の医学研究者が3つの病院と1314人以上のCovid-19患者を対象に実施した新しい研究では、83人の重症患者に重点が置かれており、これらの重病患者のほぼ86%以上が急性胃腸損傷(AGI)
この観察された現象は、SARS-CoV-2がSARS-CoVよりも毒性が強く、胃腸管もウイルスの重要な標的器官であることを示した



SARS-CoV-2 Transmission in Patients With Cancer at a Tertiary Care Hospital in Wuhan, China
Jing Yu,
JAMA Oncol. Published online March 25, 2020. doi:10.1001/jamaoncol.2020.0980

JAMA Oncologyで 3月25日にオンラインで発表された研究レターによると、 武漢の癌患者は重症急性呼吸器症候群-コロナウイルス2(SARS-CoV-2)感染のリスクが高かった。同誌は、同様の問題が他の場所のがん患者にも影響を与える可能性があると警告している。
中国武漢大学中南病院のJing Yu医師、および同僚は中南病院に入院した1,524人のがん患者の医療記録をレビュー



Identification of a nerve-associated, lung-resident interstitial macrophage subset with distinct localization and immunoregulatory properties
Basak B. Ural
Science Immunology 27 Mar 2020:
Vol. 5, Issue 45, eaax8756
DOI: 10.1126/sciimmunol.aax8756

コロンビア大学医療センター、ニューヨーク大学Langone Health、Uconn Health、およびボルドー大学の医学研究者のチームが、ウイルス中の炎症の制御に関連する肺の免疫細胞の新しいグループを特定
組織内在性マクロファージが感染中などの炎症条件下で粘膜器官の免疫および組織の恒常性を維持する上で重要な役割を果たすことを示唆しています。NAM(神経および気道関連マクロファージ)が生成できない人では、感染により、炎症性サイトカインの過剰な生成と組織への免疫細胞の浸潤を伴う過剰な免疫応答が誘発されました。



Covid-19 Clinical Care: Doctors Warned About Using ECMO On Covid-19 Patients Due To Lymphopenia
Source: Covid-19 Clinical Care Mar 25, 2020

体外膜型酸素供給(ECMO)は、体外生命維持(ECLS)とも呼ばれ、心臓と肺が適切な量のガス交換または灌流を提供して生命を維持できない人に、心臓と呼吸の長期にわたるサポートを提供する体外テクニックです。
ECMOの技術は主に心肺バイパスから派生しており、自然循環の停止により短期的なサポートを提供します。

典型的には、ECMOは人の体から血液を取り除き、人工的に二酸化炭素を取り除き、赤血球に酸素を送り込みます。一般的に、心肺後バイパス、または深刻な心不全や肺不全のある人の後期治療に使用されますが、特定の施設では心停止の治療としての使用が見られ、根本的な原因の治療が可能になっています

The Lancet Respiratory Medicine Journalでオンラインで公開したレポートは、特にリンパ球減少症に直面しているCOVID-19の患者にECMOを使用する場合は注意を促しています。https://www.practiceupdate.com/content/covid-19-ecmo-and-lymphopenia-a-word-of-caution/97900/45
リンパ球に対するECMOの認識された影響と、ブランドンM.ヘンリー博士はまた、リンパ球の補充がCOVID-19からの回復の鍵となるという仮説を立て、ECMOを受けている患者のリンパ球数を綿密に監視することを推奨しています。





Covid-19 Clinical Care: Guidelines To Prevent Drug-Induced Prolongation Of QTc That Often Results In Sudden Cardiac Death In Covid-19 Patients
Source: Covid-19 Clinical Care Mar 26, 2020

SARS-CoV-2コロナウイルスがさまざまな特性と臨床症状を示す多くのさまざまな株の出現によって変異しているという事実があります。つまり、いまは心臓に症状をだすのです。Covid-19の治療に使用されている一部の薬物は、一部の人々のQTcの薬物誘発性延長を引き起こすことが知られています。QTcは、心臓の電気再充電システムの健康状態の指標です。危険に延長されたQTcを持つ患者は、突然心臓死に至る可能性がある生命を脅かす可能性のある心室調律異常のリスクが高くなります。

Urgent Guidance for Navigating and Circumventing the QTc Prolonging and Torsadogenic
Potential of Possible Pharmacotherapies for COVID-19
Running Title: Possible COVID-19 Pharmacotherapies and QTc/TdP Liability
Authors: John R. Giudicessi, MD, PhD

掲載された最近の研究では、 潜在的な危険性とQTcモニタリングの応用に関する詳細情報が詳細に記載されて おり、心調律の変化を引き起こす可能性のある薬物を使用する場合の治療をガイドしています。



Covid-19 Drug Research: Chinese Study Shows That Antimalarial Drug Hydroxychloroquine No Better Than Standard Covid-19 Care
Source: Covid-19 Drug Research Mar 26, 2020
上海復旦大学上海公衆衛生臨床センターの感染と免疫部門の研究者によって行われた研究は、抗マラリア薬であるヒドロキシクロロキンは、米国大統領ドナルドトランプによって「神から贈り物』とまでいわれたが、一般的な治療ほど効果ががないと示しました


Hypertension and Diabetes Delay the Viral Clearance in COVID-19 Patients
Xiaoping Chen,
Covid-19の研究:武漢中南病院の研究者によるChen Xiaoping博士による新しい研究では、糖尿病や高血圧などの基礎疾患を持つCovid-19患者は、Covid-19に感染すると予後が悪化することが示されています。
この研究では、年齢、男性の性別、アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)に関連する要因(高血圧、糖尿病、心血管疾患など)がウイルスのクリアランスに悪影響を及ぼしていることがわかりました。
さらに、ランダムフォレスト生存モデルによる分析では、高血圧、コルチゾン治療、性別、および年齢が4つの最も重要な変数として指摘されました。



Breaking! Covid-19-Clinical Care: New Repurposed Drug, Tpa Could Help Covid-19 Patients With Respiratory Distress And Where Ventilators Are Not Available
Source: Covid-19 Clinical Care Mar 27, 2020
コロラド大学デンバー校とMITの医学研究者は、血栓の治療に現在使用されている薬剤を転用することにより、急性呼吸窮迫にあるCovid-19患者を助けることができる新しい一時的措置を提案しました。研究者らは、人工呼吸器が役に立たない場合、または人工呼吸器が利用できない場合に、薬剤が患者を助けることができる
組織プラスミノーゲン活性化因子(tPA)と呼ばれるタンパク質は、一般的に心臓発作や脳卒中の犠牲者に投与されます。このアプローチは、Covid-19患者の血液凝固に深刻な障害があり、呼吸不全の一因となっている。そのような患者では、しばしば血栓が肺に形成されます。
微小血栓と呼ばれる非常に小さな血栓が肺の血管にも形成されることがあります。これらの小さな血栓は、血液が肺の空腔に達するのを防ぎます。



Report By JAMA Journal Says Cancer Patients At Increased Risk For Covid-19
Source: Covid-19 News Mar 27, 2020
JAMA Oncologyで 3月25日にオンラインで発表された研究レターによると、 武漢の癌患者は、重症急性呼吸器症候群-コロナウイルス2(SARS-CoV-2)感染のリスクが高かった。同誌は、同様の問題が他の場所のがん患者にも影響を与える可能性があると警告している。(https://jamanetwork.com/journals/jamaoncology/fullarticle/2763673
医学研究者は、SARS-CoV-2感染率が癌患者の0.79%であると推定しました。これは、同時期の武漢市におけるすべてのCOVID-19症例の累積発生率(0.37%、オッズ比、 2.31)。感染した12人の患者のうち、年齢の中央値は66歳で、8人は60歳以上でした。患者の7人は非小細胞肺癌でした。患者のうち5人だけが、免疫療法の有無にかかわらず化学療法または放射線療法で治療されていました。






  • WHOは、4つの最も有望なコロナウイルス治療のグローバルメガトライアルを開始します 
    科学、2020年3月22日
  • ◆◆ レムデシビル
  • エボラおよび関連ウイルスと戦うためにGilead Sciencesによって最初に開発された
    主要なウイルス酵素であるRNAポリメラーゼを阻害することにより、ウイルスの複製を遮断します。
  • 米国で最初に診断されたCOVID-19患者(ワシントンのスノホミッシュ郡の若者)は、症状が悪化したときにレムデシビルを投与されました。ニューイングランドジャーナルオブメディシン(NEJM)の症例報告によると、彼は翌日改善しました 。レムデシビルを投与され、医師は生存できないと考えていたカリフォルニアの患者も回復しました。
  • ◆◆ クロロキンとヒドロキシクロロキン
    抗マラリア薬。薬物は、エンドソームの酸性度を低下させることにより機能します。しかし、SARS-CoV-2の主要な入り口は別のもので、いわゆるスパイクタンパク質を使用してヒト細胞の表面の受容体に付着します。細胞培養の研究は、クロロキンがSARS-CoV-2に対してある程度の活性を持っていることを示唆していますが、必要な用量は通常高値であり、深刻な毒性を引き起こす可能性があります。
  • ◆◆ リトナビル/ロピナビルおよびインターフェロンベータ
    2つの抗ウイルス薬とインターフェロンベータを組み合わせた。インターフェロンベータは、MERSに感染したマーモセットで効果を示す体内の炎症の調節に関与する分子です。サウジアラビアの最初のランダム化比較試験では、3つの薬の組み合わせがサウジアラビアのMERS患者でテストされています。
    しかし、重度のCOVID-19患者に対するインターフェロンベータの使用は危険である可能性がある




COVID-19の研究用ワクチンのNIH臨床試験が開始。(シアトルに拠点を置く健康な成人ボランティアを対象とした研究)NIAID / NIHニュース、2020年3月16日

オープンラベル試験では、約6週間にわたって18歳から55歳までの45人の健康な成人ボランティアを登録


NIHホームページから
スパイクタンパク質(前にうつしている3D模型))により、ウイルスはヒト細胞に侵入して感染することが可能である。この蛋白は、ウイルスの表面に存在している


治験ワクチンは、mRNA(メッセンジャーRNA)と呼ばれる遺伝的プラットフォームを使用して開発
mRNA-1273ワクチンは動物モデルで有望であり、これはヒトでの試験を行う最初の試験
フェーズ1トライアルは、KPWHRIの上級調査員であるLisa A. Jackson、MDが主導しています。研究参加者は、上腕への筋肉内注射により、約28日間隔で2回のワクチン接種を受けます。各参加者は、両方のワクチン接種で25マイクログラム(mcg)、100 mcgまたは250 mcgの用量を受け取るように割り当てられ、各用量コホートには15人が参加します。










米国のCOVID-19患者からのこの色増強透過型電子顕微鏡写真では、ウイルス粒子は紫色に着色されています。
コンピューターモデリングは、疫学者が次に病気がどこでどのように移動するかを予測する



  • 構造生物学がコロナウイルスワクチンへの道を示す
    NIHディレクターによるブログ投稿Dr.フランシスSコリンズ、2020年3月3日
  • コロナウイルススパイクタンパク質を高解像度イメージングツールのクライオ電子顕微鏡による構造解析とワクチン開発の取り組みでの使用を容易にする形状



  • Covid-19-未知の世界をナビゲートする 、NIAID / NIHおよびCDCの
    New England Journal of Medicine、2020年2月28日
  •  中国湖北省武漢で最初に発生した425件の症例に関する詳細な臨床的および疫学的情報を提供






  • COVID-19を治療するためのレムデシビルのNIH臨床試験、
    NIAID / NIHニュース、2020年2月25 
  • Gilead Sciences Inc.によって開発されたRemdesivirは、研究用の広範な抗ウイルス治療薬である。エボラウイルス病のヒトで以前にテストされ、他のコロナウイルスによって引き起こされる中東呼吸器症候群(MERS)および重症急性呼吸器症候群(SARS)を治療するための動物モデルで有望であることが示されている。

  • 視点:中国におけるコロナウイルス病2019(COVID-19)の発生の特徴と重要な教訓[無料アクセス] 2020年2月24日、JAMA  
  • COVID-19アウトブレイクの疫学的特徴
    合計72 314件の症例記録(Box)のうち、44 672件がCOVID-19の確定症例として分類され(62%;咽頭スワブ検体のウイルス核酸検査結果陽性に基づく診断)、16186件が疑わしい症例(22% ;症状と暴露のみに基づく診断、現在のニーズを満たすには検査能力が不十分であるため検査は実施されなかった)、臨床診断症例として10567(15%;湖北省)



  • クラウドソーシングデータに基づくコロナウイルス病2019発生の初期の疫学的分析:集団レベルの観察研究[オープンアクセス] 
    The Lancet Digital Health、2020年2月20日
  • 2020年1月13日から1月31日までに報告されたCOVID-19患者507人のデータを収集しました。これには、中国本土の364人と中国国外の143人が含まれます。281人(55%)の患者は男性で、年齢の中央値は46歳でした(IQR 35–60)。少数の患者(13 [3%])が15歳未満であり、ベースライン人口統計に合わせて調整された中国人患者の年齢プロファイルにより、子供の感染症の不足が確認されました。分析期間全体を通して、症状の発現と病院または診療所でのケアの求めとの間の遅延は、湖北省の方が中国本土の他の省および国際的に比べて長かった。中国本土では、これらの遅延は2020年1月18日までの5日間から、2020年1月31日までの2日間に減少しました(p = 0・0009)。

















(新型コロナウイルス 電子顕微鏡写真 NIAID提供)















COVID-19 に対する抗ウイルス薬による治療

  • 抗ウイルス薬の対象と開始のタイミング 現時点では、患者の臨床経過の中における抗ウイルス薬を開始すべき時期は患者が低酸 素血症を発症し、酸素投与が必要であることを必要条件とする。そのうえで以下のように 考える 。
  • 1. 概ね 50 歳未満の患者では肺炎を発症しても自然経過の中で治癒する例が多いため、 必ずしも抗ウイルス薬を投与せずとも経過を観察してよい。
  • 2. 概ね 50 歳以上の患者では重篤な呼吸不全を起こす可能性が高く、死亡率も高いた め、低酸素血症を呈し酸素投与が必要となった段階で抗ウイルス薬の投与を検討す る。
  • 3. 糖尿病・心血管疾患・慢性肺疾患、喫煙による慢性閉塞性肺疾患、免疫抑制状態等の ある患者においても上記 2 に準じる。
  • 4. 年齢にかかわらず、酸素投与と対症療法だけでは呼吸不全が悪化傾向にある例では抗 ウイルス薬の投与を検討する。



    抗ウイルス薬の選択  

< ロピナビル・リトナビル>

機序:ロピナビルは HIV-1 に対するプロテアーゼ阻害剤として有効性が認められている。 シトクローム P450 の阻害によりロピナビルの血中濃度を保つためリトナビルとの合剤(ロ ピナビル・リトナビル)として使用される。コロナウイルスに関する明確な作用機序は明ら かにされていないが、以下に示すように in vitro や動物モデルで MERS への有効性が示さ れており、COVID-19 に対してもバーチャルスクリーニングで有効である可能性が示され ている


< ファビピラビル>

機序:ファビピラビルは効能・効果を「新型又は再興型インフルエンザウイルス感染症 (但 し,他の抗インフルエンザウイルス薬が無効又は効果不十分なものに限る)」に限定して, 2014 年 3 月に厚生労働省の承認を受けている。その作用機序は,生体内で変換された三リ ン酸化体 (T-705RTP) が,ウイルスの RNA ポリメラーゼを選択的に阻害するものである ことから,インフルエンザウイルス以外の RNA ウイルスへも効果を示す可能性がある。


COVID-19 に対する他の抗ウイルス薬

COVID-19 に対する治療に使用できる可能性のある抗ウイルス薬にはレムデシビ ル、インターフェロン、クロロキンなどがあるが、それらの効果や併用効果に関して は今後の知見が待たれる。




数理医学的思考により予測する

  • 世界のデータがでてきました(2020・5.3)
  • ここから、第二波、第三波の予測が立ちます
  • おなじウイルスなので、人間に対しての流行の期間はそれほどかわりはありません
  • もちろん、適切に対処していけば早く流行がおわるし、そうでなく貧困層などの不潔状態が改善できない国では長引きます。しかし、ある国は1か月で、ある国は10年という差はでません。
  • これらのグラフから考えるには、7月までに今年の1月の状態にもどることが可能であることです。
  • COVID-19 に対する治療は、予測がたちませんが、日本政府のかじ取りについて、専門家会議はおおむね正しい方向にすすんでいます。
  • 数理モデルについては、

    https://www.fttsus.jp/covinfo/considerable-discussion/
    横浜市立大学生命ナノシステム科学研究科佐藤彰洋特任教授
    が数理モデルを提案しております
  • (あくまで筆者の理解の範囲です。)

    減少目標値qは、感染者が発見されるような事象がその地域において少なくなればなると、上昇していきます。
    現在とりくんでいる『換気の悪い密閉空間、多くの人の密集する場所、近距離での密接な会話』をさける努力をすると
    その地域における感染率は一般的に低下していき、更に、感染者が発見される事象の発生頻度は減少していきます。
    その結果、計算から推計される感染率は低下し、減少目標値qは上昇することになります。

    より多くの人々が、社会的距離戦略に長期間に渡り協力的になればなるほどに、その地域における減少目標値qは100%を超える状況となります
    これは、行動抑制から行動再開へと向かっていくことを意味します。

    現在、公共交通(鉄道やバス)の利用時間が1日当たり90分である人について考えてみます。
    減少目標値q=25%とした場合は、

    90分/日×25% = 22.5分/日

    以下まで公共交通の利用頻度を減少させるることができれば、COVID-19の感染拡大を抑止しこの流行を終息する活動に貢献しているという計算になります。もちろん、このような、減少目標値qに対して、社会的距離戦略を社会の全ての人が同時に行わなければ終息を達成することはできません。
  • 神奈川県の場合
  • 神奈川県
    人口 9,177千人 (2018年10月現在 総務省統計局公表都道府県別人口推計2018年10月概算値)
    感染率 \alpha = 0.044903
    回復率(または除去率) \beta = 0.011
    社会的距離戦略減少目標値(現時点直接接触頻度比) q = 20%
    フィッティング期間:2020年3月10日~2020年3月27日
  • (佐藤教授の数理モデルグラフから)
  • このため、神奈川県の人が出かけることができる時間は、1日あたり18分です
  • したがって、通院につかう時間を最小にする必要があります
  • 当院クリニック内では、『換気の悪い密閉空間、多くの人の密集する場所、近距離での密接な会話』は、存在しません
  • あとは、手術での通院時間が、この範囲であればよいということになります
  • 手術をするなら日帰り範囲で
  • このことで、他の人との接触をなくします
  • 手術は、それをしないとQOL(生活の質)がわるく、健康体力が低下したままになるものにしてください


  • 臨床像への理解を

  • いろいろな情報を集めております
    参考元:感染症診療の原則 https://blog.goo.ne.jp/idconsult
    参考元:新型コロナウイルス感染症の現状と対策 水際対策から感染蔓延期に移行するときの注意点:日本感染症学会

    Clinical course is predictable.(臨床経過)

    ・潜伏期間:2-11 日(平均5日).
    ・主症状は発熱、頭痛、乾性咳嗽、筋肉痛、悪心(嘔吐なし)、腹部不快感、時に下痢、嗅覚障害、食欲低下、疲労感、
    ・発症5日目、呼吸苦増加、両側性のウイルス性肺炎的、
    ・発症10日目、Cytokine stormによるARDSとDIC。(数時間)


    来院時の臨床像:

    ・呼吸苦のない低酸素
    ・脳症、腎不全、脱水、DKAの症例
    ・インフルエンザ陽性などの合併症に注意


    心臓:
    ・中国報告では15%にて心臓合併症。
    ・心筋炎、心外膜炎、心不全、心房細動



    診断:Diagnostic

    単純写真:
    ・両側性間質性肺炎 (両側性とは限らない).
    ・単純写真の程度と酸素化の問題は比例しない
    ・聴診所見は安定せず
    ・問診視診と酸素飽和度が決めて

    検査:
    ・白血球数正常低下~低値、リンパ球正常低下~低値、血小板正常低下~低値
    ・プロカルシトニンが正常で、CRPとフェリチンが上昇
    ・CPK, D-Dimer, LDH, Alk Phos/AST/ALT (若干上昇あり)
    ・造影剤の使用で腎不全にることあり。すると人工呼吸器が早期に必要に。

    臨床上の決め手
    ・基本的に両側性肺炎+正常白血球+リンパ球減少+正常プロカルシトニン+CRP、Ferritin高値では、COVID-19を疑う

    ・好中球:リンパ球比が3.5以上なら予後不良にて、イギリスでは臨床像に関係無く自動的に挿管する
    ・IL6の上昇はCytokine storm
    ・血小板減少、肝機能が5倍以上上昇:予後不良

  • (新型コロナウイルス感染症の現状と対策 水際対策から感染蔓延期に移行するときの注意点:日本感染症学会)
  • (新型コロナウイルス感染症の現状と対策 水際対策から感染蔓延期に移行するときの注意点:日本感染症学会)
  • (新型コロナウイルス感染症の現状と対策 水際対策から感染蔓延期に移行するときの注意点:日本感染症学会)


  • 治療:
    ・支持療法:
    ・人工呼吸器適応例の86%死亡。抜管可能の時期;中国10日目、シアトル11日目。
    ・脱水気味に管理すること。通常の敗血症的な輸液だと呼吸不全になりやすい。(例外はDKAと脱水による腎機能障害。)
    ・安静の姿勢:うつ伏せは酸素化に非常に有効。Nasalの患者も自分でうつ伏せになると良い
    ・人工呼吸器の設定はARDS的
    ・Bipedは無効で、エアロゾルの高リスク
    ・ネブライザー治療も無効。MDIを勧める
    ・ステロイドは逆効果例多数
    ・赤目注意


    予防・防護
    ・自分で可能な範囲でPPE必要
    ・仕事中はPPEを脱がず、食べず、飲まず、そのまま自宅のガレージで脱衣してシャワーに直行。
    ・仕事のストレスで医師は孤独。辛いが、みんな経験し、恐れながらやってる。しかし、医療スタッフへは笑顔を!
  • この状況で医師は孤独。でも医療従事者には笑顔を!


  • 厚生労働省のホームページを!


    新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)

    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html


    厚生労働省のホームページをご参考におねがいします

    緊急事態宣言のポイント

    ヒトとヒトの接触を80%減らすことがポイント


    (日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57610560T00C20A4MM0000/


  • 西浦教授によると、JRや都営地下鉄などの利用者は、イベント自粛要請などの影響で3月上旬は2割程度減少していた。だが試算では、2割減程度では流行を数日遅らせることができても、爆発的な患者増は抑えられないという。

    一方、8割程度減らすことができれば、潜伏期間などを踏まえ、10日~2週間後に1日数千人をピークに急激に減少させることができるとしている。(日本経済新聞より)

    専門家会議のポイント

    2020年5月1日 専門家会議の内容

    ○ 現在の全国的な状況については、
    ・確定日別新規陽性者数は、日ごとの差はあるものの、4 月 10 日前後は 700 人近くにのぼっていたが、直近では 200 人程度に留まる日も増えてきた。こうした中、累積感染者数は 4 月 29 日には約 14,000 人に至っている。
    ・発症日ベースのデータでも、新規の感染者数が減少傾向に転じていることがうかがわれるなど、緊急事態宣言や市民の様々な協力を含めた一連の対策の成果が現れはじめていることは確かだと考えられる。しかし、3 月 20 日過ぎから生じた発症者数の急増のスピードに比べれば、減少のスピードは緩やかに見える。全国データの減少が鈍い理由としては、大都市圏からの人の移動により、地方に感染が拡大し、地方での感染の縮小のスピードが、東京に比べて鈍いからであると考えられる(図 1)。
    【図 1.全国における感染者数の推移(左図:確定日、右図:発症日)】




    このデータは信頼性が高いので、それでは、GW(ゴールデンウイーク)以降は、どの時点に注意が必要であるか?

    当院の見解 → 新規患者数としては、4月半ばがピーク。全体としては、5月から6月半ばがもっとも多い
    となりの韓国のデータとリンクさせてみると、アジア人の特徴がわかる可能性がある
    この図は医事新報に報告された岡本悦司先生 (福知山公立大学地域経営学部長)のグラフである


    https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=14588

    このデータから、5月GW中の他に、5月末にはクリニックの消毒が必要


    2020年4月2日 専門家会議の内容



    医療提供体制の構築等について
    (1)重症者を優先する医療提供体制の構築
    ○ 今後、新型コロナウイルス感染症の患者が大幅に増えた場合に備え、この感染症に
    よる死者を最大限減らすため、新型コロナウイルス感染症やその他の疾患を含めた、
    地域の医療提供体制の検討・整備を行うことが必要である。
    (2)病院、福祉施設等における注意事項等
    〇 大分県、東京都、千葉県などで数十名から 100 名近い病院内・施設内感染が判明し
    た。高齢者や持病のある方などに接する機会のある、医療、介護、福祉関係者は一層
    の感染対策を行うことが求められるほか、利用者等を介した感染の拡大を防止してい
    くことが求められる。


    日本式のクラスター班に協力する方法
    → 医師・職員の行動を日記にとる ・ 治療患者の行動(治療日)に関して記録する


    2020年3月28日 日本政府方針発表

    (4)医療

    ① 厚生労働省は、地方公共機関や関係機関と協力して、感染拡大の状況
    に応じ、以下のように、地域ごとに柔軟な医療提供体制を確保する

    ・ 現行では、帰国者・接触者相談センター及び帰国者・接触者外来により、
    適切な感染管理を行った上で、新型コロナウイルス感染症が疑われる患者へ
    の外来医療を提供すること。

    ・ また、医師の判断により検査を実施し、患者が認められた場合には、感染
    症法第19条に基づく感染症指定医療機関等への入院勧告・措置を実施し、
    まん延防止を行いつつ、患者に対し、適切な医療を提供すること。

    ・ 患者が増加し重症者等に対する入院医療の提供に支障をきたすおそれが
    あると判断する都道府県では、厚生労働省に相談の上、重症者等に対する医
    療提供に重点を移す観点から、入院治療が必要ない軽症者等は自宅療養とし、
    電話等情報通信機器を用いて遠隔で健康状態を把握していくとともに、医師
    が必要とした場合には電話等情報通信機器を用いて診療を行う体制を整備
    すること。

    2020年3月に4日間休診をとり
    クリニックを全面消毒実施しました


    必要な患者さんに対して
    日帰り手術(メッシュなし)をすることで、
    入院ベッドをつくらない のが当院の目的



    2020年3月19日 厚生労働省発表

    (1)日本国の方針
    WHOによるパンデミックとの認識(3月 11 日)と日本の対策について

    専門家会議としては、現時点では、社会・経済機能への影響を最小限
    としながら、感染拡大防止の効果を最大限にするという、これまでの方針を続けていく必
    要があると考えています。そのため、「①クラスター(患者集団)の早期発見・早期対
    応」、「②患者の早期診断・重症者への集中治療の充実と医療提供体制の確保」、「③市民の
    行動変容」という3本柱の基本戦略は、さらに維持、必要に応じて強化し、速やかに行わ
    なければならない

    (2)現在の情報

    基本再生産数(R0:すべての者が感受性を有する集団において1人の感染者が生み出し
    た二次感染者数の平均値)が欧州(ドイツ並み)のR0=2.5 程度であるとすると、症状の出
    ない人や軽症の人を含めて、流行 50 日目には 1 日の新規感染者数が 5,414 人にのぼり、最
    終的に人口の 79.9%が感染すると考えられます。また、呼吸管理・全身管理を要する重篤患
    者数が流行 62 日目には 1,096 人に上り、この結果、地域における現有の人工呼吸器の数を
    超えてしまうことが想定されるため、広域な連携や受入体制の充実を図るべきです。

    オーバーシュートが生じる可能性は、人が密集し、都市としての人の出入りが多い
    大都市圏の方がより高いと考えられます。

    このグラフからクリニックがいえること
    オーバーシュートはいつおこるかわかりません
    オーバーシュートが起こった場合、ヒトとヒトの接触をさけるために、
    手術件数・予約件数の調整をします
    ご理解をおねがいします


    今後、日本のどこかでオーバーシュートが生じた場合には、地域ごとに断続的に発生し
    ていくことが想定されます。こうした状況下では、社会・経済機能への影響を最小限とし
    ながら、感染拡大防止とクラスター連鎖防止の効果を最大限にしていく観点から、地域の
    感染状況別にバランスをとって必要な対応を行っていく必要があります。



    2020年3月14日 厚生労働省発表

    (1)症状の軽い人からの感染拡大
    症状の軽い人も、気がつかないうちに、感染拡大に重要な役割を果たしてしまっていると考えられる

    (2)一定条件を満たす場所からの感染拡大
    これまでに国内で感染が確認された方のうち重症・軽症に関わらず約80%の方は、他の人に感染させていません。
    一方で、一定条件を満たす場所において、一人の感染者が複数人に感染させた事例が報告されています。

    (3)重症化する患者さんについて
    感染が確認された症状のある人の約80%が軽症、14%が重症、6%が重篤となっています。しかし、重症化した人も、約半数は回復





    密閉空間を作らないこと = 大型扇風機による環流 および エアロゾル感染予防(空気消毒)

    近距離会話をつくらない = 医師は会話する必要があるので、聞き取れるようにフェイスシールド

    手の届く距離に多くの人 = 待合室は10人ずつの入れ替え、予約せ発熱者なし、事前調査でどんな人がいているか把握




    北海道の緊急事態宣言の背景には、PCR検査がをしていない隠れた感染がありえます
    それは全国でいえることです。

    クリニックの対策は、3月1日クリニックのすべての部屋の消毒を行いました
    3月7日にクリニックのすべての部屋の消毒をおこないました
    このあと、3月は毎週の消毒をおこなうことを計画することになりました。


    アメリカ政府(CDC)のまとめ


    中国のレポートからは、圧倒的に高齢者の病気

    年齢分布(N = 44 672)

    • 80歳以上:3%(1408件)

    • 30-79歳:87%(38 680件)

    • 20-29歳:8%(3619件)

    • 10-19歳:1%(549件)

    • <10年:1%(416件)

    〇 といっても、高齢者とはいえ、骨盤臓器脱のままであると、ウオーキングができない
    だから、他の疾患の治療をする

    〇 日帰り治療のレベルの体の負担のないものに!


    軽症が圧倒的

    疾患の範囲(N = 44 415)

    • 軽度:81%(36160件)

    • 重度:14%(6168件)

    • クリティカル:5%(2087件)

    〇 ほとんどの患者は30〜79歳(87%)、1%は9歳以下、1%は10〜19歳、3%は80歳以上でした。

    〇 ほとんどの症例は軽度に分類された(81%、すなわち、非肺炎および軽度肺炎)。ただし、14%は重度でした(すなわち、呼吸困難、呼吸数30分以上、血中酸素飽和度93%以下、吸気酸素分圧に対する動脈酸素分圧<300、および/または肺浸潤が24%から50%以内) 48時間)、および5%が重大である(すなわち、呼吸不全、敗血症性ショック、および/または多臓器不全または不全)




    ~~~~~~~~~~~~~~~
    コロナウイルス対策 未来編  重要

    ~~~~~~~~~~~~~~~

    日々刻々と情報がでてくるパンデミックについて、私;奥井伸雄が、未来を語ります
    新型コロナウイルスCOVID-19の感染拡大を抑止のキーワードは、この3つです

    1: 肺免疫学


    コロンビア大学医療センター、ニューヨーク大学Langone Health、Uconn Health、およびボルドー大学の医学研究者のチームが、ウイルス中の炎症の制御に関連する肺の免疫細胞の新しいグループを特定します
    NAM(神経および気道関連マクロファージ)がそのメインになります
    免疫細胞は、全身の免疫細胞と関連しております。そのためにも、全身の免疫細胞を減らしてはいけません。


    そのため、他の外科系治療も見直しが必要です

    (推奨される治療)
    骨盤臓器脱(メッシュなし)手術 (負担がないわりに、効果が大きい)
    虫垂炎の手術(感染源をとりのぞくことで、免疫をつかわずにすむ)
    婦人科の手術(月経痛が強い場合の子宮筋腫手術など)
    など

    (推奨されない治療)
    いますぐするべきでない=免疫を落とす可能性のあるもの

    前立腺がんの手術(しばらくホルモン治療で代替可能)
    人工メッシュによる骨盤臓器脱の治療(メッシュ感染をおこすと免疫は永続的に感染部分で使うことになる)
    人工関節の治療(今パンデミック中にする前に、リハビリで時間稼ぎができる場合)
    安定している前立腺がん検診(パンデミックが終わってからでよい)
    など

    (必要がある場合すべき治療)
    脳血管手術
    心臓血管手術
    がんの手術
    など

    2: 増悪化因子

    ルイジアナ州立大学健康およびニューオーリンズ公衆衛生学校教授および環境健康科学部長のジェームズディアス博士は、Covid- 19。彼の研究結果は、Journal of Travel Medicineに掲載されました。
    ACE阻害剤とアンジオテンシン受容体遮断薬が深刻なCovid-19のリスクを増加させる可能性があることを示しています。高血圧と心血管患者は注意する必要があります

    ヒューストンまたはUTHealthにあるテキサス大学ヘルスサイエンスセンターの心臓病研究者は、Covid-19疾患を引き起こすSARS-CoV -2コロナウイルスが、心血管疾患の基礎にある人々に致命的な結果をもたらし、心臓病を引き起こす可能性があると警告しています
    心臓機能の調査と対策こそが、増悪因子を取り除きます

    3: ワクチンまでの猶予時間
    2020年3月現在
    世界は、重症者の数と人工呼吸器の数が同じ程度になるように、人類に感染拡大を予防するように訴えています

    3か月から6か月にて
    免疫抗原抗体反応をもちいて感染の簡易検査が可能になるでしょう
    (これを、医学用語で『抗体検査』といいます)

    6か月にて
    アビガンなどの薬により、重症例への治療が効果を出していくでしょう

    6か月にて
    ウイルス抗体測定にて、すでに感染をしている人がわかるようになるでしょう
    (これも、医学用語で『抗体検査』といいますので、混乱しやすいです)
    注:1度感染し、抗体があるからといて、再感染がないとはかぎりません
    むしろ、1度目の感染で肺の細胞に傷があるので、ウイルス侵入を許しやすいかもしれません

    9か月から16か月にて
    ウイルス不活化蛋白を用いたワクチン投与がはじまるでしょう


    我々は、ワクチンができるまで、我慢していなかいといけません

    〇 気道・肺に傷をつくってはいけません
    〇 免疫がおちるような治療を受けてはいけません(骨盤臓器脱の人工メッシュなど)
    〇 心臓を丈夫にしておかないといけません

    です。この3つのために、多くの医療をかじ取りすることが、最終的にCOVID-19に勝つ方法と信じて提言します。








TestSite.com MENU

Copyright (C) NaturalTmpl008 All Rights Reserved.